ソーダ味カエルと 麻痺袋、 若いから早い  のと。 そして紅龍。   

2006年 10月 15日

R氏のランクがHR50で止まってます!

のんびり屋さんでもあるR氏。 
黒龍(参加資格HR51~)がやってきてることを 私から知り 
「は・は・は」ってアナタww!

まあじゃあ二人しかいないもんで 都会で「クエスト同行者募集!」なんて街を作ってみたり。
一人ぐらいはちと フレにお願いしてみようかと
銀たんをFF3から強制召喚。

しかし召喚したらしたで R氏と FF3の進歩状況を張り合う始末。
買ったのは私が一番先な筈なのに なぜに皆 追い抜くのダ。
つか「のほほんと 面倒くさがって そこら辺に置いておいたのがいけない」とかなんとか。

でシャウトしようか思ってたところに ふらっとハンターさんが来訪。
結果は 多分私の得意武器選択ミスですわね。
センプーキ、幾らスキル的に適ったモノ着込んでいても、ちょっと装備を硬く出来るまで、剣士は無理かもね^^;
『やばいッ やばぃよ~ トムヤムクンっ』(´ヘ`;) おいらが痛烈の2死、とどめでR氏が
メテオにやられました。

その後、上位テオも失敗し、ちょっと不幸を断ち切らんと
しばし お金稼ぎにクエへ。
ふらっとハンターさんが落ちた所で 皆なぜか沈黙。
どうしてたのかと思ってたら
『一人で遊んでます』なっちタンを 召喚してたらしいですww
二人のそれぞれからの熱いラブコールを受けて なっちタンがやって来てくれました。
んで ちょとお金と 竜玉と 麻痺袋が欲しいという
全ての希望を叶えられるクエ?w ガノトトスへ出かけ 
「おっ♪ 今日の俺の釣りカエルは ソーダ味(青色)だw」とか
「エクスカリ ラグナロクサイコーーーw」とか
分けわかからン事 言ってるうちに 捕獲。

て・・・麻痺袋はどうしたのか・・・。

待ってたのに どうして待ってると ドスゲネ出てこないのさぁ ヽ(`Д´)ノ
雑魚ボスいる ガノ戦を少しでも有利にと 太刀「獅子王」作ってみたオイラの
このソコハカとない 努力を踏みにじるのかっ
でもアレです、思ってたよりも近接deガノ やれるんじゃん??とか思っちゃったり。
太刀だったからかな?
バインドキューブなんて どうだろ。いや 調子乗りすぎてはいかん。 
思いあがると、あの体当たりで死ぬ事になるんだ・・

そうしてようやく 本日のメインテーマ 「R氏の試験:紅龍」に出かけることに!
オープニングのイベントムービーが流れる間、
私の家には宅急便がやってきたりして リアル・ゲーム共に戦慄を味わったりしてましたが

無事 溶岩流の中で紅龍撃沈!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
ホントに溶岩流の中で沈んだのが 試験は剥ぎ取り不可としても、無事クリアなのかどうか 小さな疑問を抱いたアナタ アナタはハンターの鑑だ!(☆∀☆)9m 何もやらんがっw
今回は 4人ともボウガンでしたの。
まあ 気づくと前回の剣士の立ち位置感覚で ボウガンもって走ってたのはヒミツ。

誰も死なない これまた嬉しい結果で。
ここで R氏、なっちタンは落ち。 ほんと来てくれて有難うでした。
おめでとう R氏 ヽ(´ー`)ノ 自分の時より ヒトの試験クリアは 嬉しいカンジ。ホッとしました。

で 即入れ替わりで とぎタソが来訪。 また別のふらっとハンターさんもやってきてくれたり。

そしてこのメンバーによる 実に麻痺袋だけを集中目的とした ドスゲネ戦に おいては
欲しがってた本人が ネコに回復笛盗まれ
あげくに 迷子アビを発動したタイムロスにより その本人だけが戦闘は無論、剥ぎ取りにすら駆けつけられなかったという
不幸がありました。


まあ 笑ってもられないのだよ 竜玉ピンチなオラにとっては。
も ホントこないわー。 亜種やだなぁ でもやるくぁ~~(´ヘ`;)
[PR]